埋没毛の原因と対策

埋没毛のトラブルを何とか解消したい!

埋没毛の原因とは何か?

 

埋没毛は、お肌のトラブルの中でも特に対処しにくく、深刻な症状ですね。

 

埋もれ毛とも呼ばれる埋没毛は、体毛が皮膚の下に潜り込んでいる状態です。

 

その原因はカミソリや毛抜きを使った脱毛・剃毛・除毛により、毛穴が傷ついて炎症を起こすなど何らかのきっかけで毛穴が塞がれることで、毛穴の内側で体毛がそのまま発毛し、成長してしまうからです。

 

本来、皮膚の上で成長するべき体毛が毛穴のなかに閉じ込められたまま成長してしまうと、ぶつぶつとして毛穴が目立ったり、炎症を起こして赤く腫れたりします。

 

出口をふさがれてしまった体毛は、毛穴の中でぐるぐるととぐろを巻いたり、普通では考えられない方向に伸びたりして、黒ずんだぶつぶつを形成したり、炎症を起こしたりします。

 

埋没毛を防ぐためには、まず、無駄毛の間違った自己処理をやめることです。

 

特に、毛抜きで強く引っ張って一気に引き抜いたりすると、皮膚や毛穴に傷がつきやすくなり、その傷が治癒するときのかさぶたによって毛穴が塞がれてしまいます。

 

無理に力を入れて抜くと、体毛が途中で切れて先がとがり、毛穴以外の場所も貫いて、皮膚の下に埋まることも多くなります。

 

間違った無駄毛の自己処理は、埋没毛だけでなくザラザラの肌荒れを引き起こしたり、毛穴がさらに目だったり、毛の断面でさらに濃く太く見えたりするなどリスクが多いですから、取り返しのつかないことにならない前に、きっぱりやめるようにしたいですね。

 

埋没毛の対策はどんな方法がある?

 

埋没毛の対策は、まず予防としてはできるだけ皮膚や毛穴を傷つけない脱毛方法を選ぶことです。

 

一番お勧めなのは、除毛クリームです。

 

毛抜きで引っこ抜いたりするよりは、はるかに毛穴へのダメージが軽くなります。

 

ただし、除毛クリームによるダメージも決して油断はできません。

 

刺激の強い除毛クリームは、皮膚の角質をとりすぎて乾燥を招き、埋没毛の他にも様々な肌トラブルを引き起こすリスクがあります。

 

除毛クリームで脱毛をするときは、1週間に1度くらいの頻度に留め、脱毛ケアの後は角質ケアと保湿を忘れず念入りに行っておきましょう。

 

保湿には、尿素クリームなどを使用すると良いでしょう。

 

保湿の効果を高めるために、スクラブでのお手入れもおすすめです。

 

埋没毛の原因のひとつには、肌のターンオーバーが低下して古い角質が毛穴を塞ぎやすくなっていることが挙げられるので、代謝をアップさせ古い角質を落とすために、1週間に1回くらいのスクラブケアを行ってください。

 

また、毛抜きよりも深剃りや逆剃りに気を付けながらカミソリを使ったほうが、埋没毛のリスクはいくらか軽減されるようです。

 

以上が基本的な埋没毛対策ですが、お金をかけられるのであれば、エステ脱毛や家庭用脱毛器で本格脱毛を行い、毛根に働きかけて根本的な脱毛を行いましょう。

 

さらに手軽な方法として、埋没毛を薄く・細くする効果のある抑毛ローションなども、ケアに根気と時間は要りますがおすすめです。